インプラントとは

October 18, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on インプラントとは


歯が抜けた顎の骨に、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。

利点

固定式のためお手入れが簡単である
隣の歯を削らなくてよい
隣の歯に余分な負担がかからない
自分の歯のようにしっかり噛める

欠点

外科的手術が必要になる
治療期間が長い
保険適用外であるため、費用がかかる

それでは、弊店の歯科用インプラント機器インプラントエンジンセットX-CUBEを紹介します。

特徴:

一、韓国のセシンの技術力で開発された超高性能のBLDCモーターを採択

1.インプラント手術に必要な0~50,000rpmを20:1(32:1)標準減速アングルに減速し、最適化されたトルクを提供する超高性能のBLDCモーター装置

2.回転:(20:1)30rpm~2.500rpm/(32:1)20rpm~1,562rpm

3.トルク:20:1(5.0~55Ncm )/32:1(5.0~65Ncm )

4.割合:1:5,1:4,1:1,16:1,20:1,27:1,32:1,64:1

二、プログラム機能搭載

施術前ギア比、回転数、トルク、回転方向、主数量等を段階別に最大10個までプログラムが可能

三、セッティングトルクリミット機能

施術中に実際の負荷量が設定したトルク値より高くなると自動的に回転を止めて警告文句を画面に表示

四、リアルタイムRPM、TORQUE値表示システム

施術中に実際のトルク値、または実際のRPM数値が画面に表示されるため、使用者はより精巧な施術が可能になる。

五、人体工学的デザインのFoot controller

施術途中にコントローラーの全ての機能を足で調整できるように、人体工学的にデザインし、施術者の便宜を図る

六、メンブレン、タッチディスプレイ搭載

ボタン操作時のタッチ感が優れている。

弊店では、インプラント機器の他、根管治療機器などもあります。是非当サイトへようこそ。

黒ずみ歯のホワイトニング

October 11, 2017

歯科健康

Comments Off on 黒ずみ歯のホワイトニング


自分でできるホワイトニングとは?

軽い黒ずみであれば、市販のホワイトニング用歯みがき粉を使って対処できる場合もあります。ホワイトニング成分が含まれている歯みがき粉には、さまざまな種類のものがあるため、慎重に選びましょう。ポイントは、できるだけ研磨剤の粒が細かいものを選ぶことです。粒が大きいものを使うと歯の表面を傷つけてしまうこともあるため、注意が必要になります。

病院でのホワイトニング

歯を白くする主な治療法として、歯医者で行われるのがホワイトニングです。歯医者で行われるものは「オフィスホワイトニング」と呼ばれ、薬剤を歯に塗布して専用の機械で光を当てる方法になります。ただし、効果を保つ期間が短いため、数回通院する必要があるでしょう。歯医者でオーダーメイドのマウスピースを作り、自宅で好きな時にホワイトニングができる「ホームホワイトニング」もあります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う「デュアルホワイトニング」を選択する人も多くなっていますが、費用が高いという点がデメリットでしょう。

そこで、弊店のSaab®歯科用ホワイトニングLED照射機器KY-M212Aを紹介します。

特徴

1.スマートな外観とユニーク設計。
2.テトラサイクリン色素沈着のは、歯のブッ素症などに対応する。
3.ホワイトニング効果より良くために、5-8ステップ(VITA)は治療1周期目になる。
4.安全設計で、患者と歯医者の安全を確保するができる。
5.2個gogglesが付き

 

弊店では、ホワイトニング装置の他、歯科用スケーラーなどもあります。是非、当サイトへようこそ。

マイクロモーターの特徴

September 27, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on マイクロモーターの特徴


音が低い
歯科用マイクロモーターは、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。
振動が少ない
エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時がありますが、歯科用マイクロモーターは、ドリルの回転ぶれが少なく、エアータービンに比べて、患者さんの感じる振動が低減します。
微調整が出来る
エアータービンのドリルの回転スピードは、空気制御で行っているため、あまり細かい微調整が出来ませんが、歯科用マイクロモーターは、電気制御のため、ドリルの回転数を細かく微調整することが可能です。これにより、より精度の高い治療が可能になります。
力が強い
エアータービンは、空気の力で羽根を回転させてドリルを回しているため、例えば何かに引っかかってしまうなど、ドリルに抵抗が掛かると、途中で止まってしまうことがあります。これに比して歯科用マイクロモーターは、電気の力でモーターを回転させてドリルを回しているため、途中で止まってしまうことがあまりありません。ドリルのトルクが強いと、被せ物を除去する時などに、患者さんへの振動が少なく、より早く快適に除去が出来るようになります。

特徴:

軽く、ミニザイズのブラシレスLED付き治療用モーターです。

設置は簡単、歯科ユニットの4ホールのホースと接続し、ユニットのフットペダルで制御できます。

弊店では、マイクロモーター 歯科の他、歯科ラボ器具などもあります。是非、当サイトへようこそ。

人気ホワイトニング照射器

September 20, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on 人気ホワイトニング照射器


「ホワイトニング」とは、歯の元々の色を明るく、きれいにする方法です。人間の歯は元々ある程度黄色や灰色に近い色がついており、ポリッシングではその色を超えて白くすることは出来ませんが、ホワイトニングをすることで元来の色自体を変える事が出来ます。

それでは、よく使われている人気商品ーーSaab®歯科ホワイトニング用機械KY-M208A(土台付き)を紹介します。

特徴

1. LED冷光歯科ホワイトニング装置(土台付き)

2. タイプ:Saab KY-M208A

3. 魅力的な外観を持つ

4. 全方向回転アーム設計で任意な位置でも使い可能

5. テトラサイクリン色素沈着の歯、歯のフッ素症などに対応する

6. 美白効果よりよいために、5-8ステップ(VITA)は治療1周期目になる

7. 安全設計で、患者と歯医者の安全を確保することができる

8. 静かで効果的なファン非常に優れた冷却効果

9. 発熱が少なく高い安全性を持った最新式の青色LEDを採用

10. 8個のLEDバルブ搭載

11. 先進的な操作インターフェースで操作により便利になる

12. 2個gogglesが付き

弊店では、歯科用ホワイトニング照射機器の他、マウスオープナー歯科などもあります。是非、当サイトへようこそ。

歯を白くしろう

September 13, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on 歯を白くしろう


ホワイトニングとは、歯を白くすることです。

歯の着色は、加齢や遺伝(先天性のもの)、薬物、損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因でおこります。過酸化物による歯の漂白は歯に内在する有機成分を分解漂白して歯の構造や歯質を変えず、削ることなくに安全に歯を白くします。

天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

そこで、弊店の高品質自宅用ホワイトニングLEDライト・家庭用ホワイトニングLED照射器を紹介します。

特徴

1. 家庭用歯をホワイトニングするLED照射器です。

2. 発熱が少ないLEDライトは知覚過敏がにくく、より安全にホワイトニング効果促進に期待できます。

3. ご指定ロゴを入れる可能です。

仕様

電圧 DC6V(CR20253V* 2)

照度 400~600MCDLED

色 青LEDライト 5pcs

波長 465~470nm連続使用時間 48hours

弊店では、ホワイトニング装置の他、歯科用開口器などもあります。是非、当サイトへようこそ。

歯石はどうやって取る?

September 6, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on 歯石はどうやって取る?


通常は「スケーラー」という器具で除去(スケーリング)します。
歯石は文字通り石のように硬く、歯茎の下の歯の根にも付くため歯磨きで取り除くことは不可能です。通常は「スケーラー」という器具で除去(スケーリング)します。

スケーラーには刃で少しずつ歯石を削る「手用スケーラー」と、超音波で歯石を粉砕する「超音波スケーラー」があります。どちらも歯科医院に用意されている器具で、主に歯科衛生士さんがクリーニングの際に使用します。

それでは、弊店の3H®歯科用エアースケーラーハンドピースSonic SS-M4/B2を紹介します。

主な仕様:

ボディー素材:チタン合金

全方位スプレー

振動数:6100~6600Hz

照明機能:無し

振幅:<200μm

使用圧力:3±0.3bar

冷却流量:30ml/min

ホース接続:ISO規格2ホール/4ホール

135℃までオートクレーブ滅菌可

弊店では、歯科用スケーラーの他、スケーラー用ハンドピースなどもあります。是非、当サイトへようこそ。

無影灯について

August 30, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on 無影灯について


医療中、光の影が出来ては困る場面があります。

手術中(抜歯やインプラント治療など)に影で患部が見えにくくてはいけません。

そこで活躍するのが無影灯です。

無影灯は医療に用いられる手術用の照明器具で、複数の光源を用いて高照度で手元に影が出来ないように、また患部に熱を与えないように反射版やレンズを用いて工夫されています。歯科手術用無影灯

それでは弊店のSaab®P106A医療手術用無影灯懸垂式を紹介させていただきます。

P106B医療手術用無影灯は

特有3-LEN画像化技術を用いっています
ライト配光平均的で、ライトスポットはきちんとしたエツジ
色温度は4000K-5000K調整できます
3000Kはイェローライト、これは充填用レジンを照射する時固化されないように特別設定できます
8段階明るさ調整でき、チェンジ毎に音声プロンプト聞こえます
LEDディスプレイで便利に操作可能
LED電球9個あり、アメリカ製「CREE」IC採用して耐久性高い

弊店では、歯科手術用無影灯の他、歯科レントゲン装置などの歯科機器もありますので、是非当サイトへようこそ。

根管治療が必要?

August 23, 2017

一般的なトピック

Comments Off on 根管治療が必要?


次のような症状がある場合、虫歯が歯の神経までおよんでいる可能性があります。できるだけ早く治療を始めましょう。

冷たい物がしみる
歯を噛み合わせると痛みがある
歯茎が腫れていて、押すと痛む
何もしなくてもズキズキと激しく痛む


根管治療器材で根管治療を行っていても、ふたたび根管治療が必要になることがあります。それは以前の治療時に細菌が残ってしまっていて再発していたり、歯根が割れてしまっていたり、歯の根の先に膿がたまる「根尖病巣」ができてしまっている場合です。そのまま放置すると炎症が悪化し抜歯につながります。歯髄診断器で診断するほうがいいです。

歯科レントゲンは必要?

August 16, 2017

歯科健康

Comments Off on 歯科レントゲンは必要?


歯は、目で見えているところよりも、隠れている部分の方が多いです。お口を開くと見える部分は実は一部だけ。本当は、歯を支えている骨や歯の内側までしっかり見て診断をする必要があるのです。そのために歯科レントゲン装置が必要です。

また、小さなレントゲンは「デンタル」と呼ぶことが多く、ポータブル式X線装置は2~3本の歯を精密に撮影するために使用します。お口の中に小さなフィルムのようなものを入れていただき、外側から筒のようなものを当てて撮影します。

 

根の治療について

August 9, 2017

歯科健康

Comments Off on 根の治療について


歯髄が入っていた部分を 根管といいます。根管内に何らかの理由で感染が起こると、根管内、場合によっては根の先端を通じて顎の骨などに膿が溜まることがあります。根管治療では、細菌に感染した根管内の汚れを様々な歯科医療用品を駆使して徹底的に除去・消毒して、歯の根の病気(根尖病変の治療・予防するものです。

根管診療器具で根管治療を施した歯に適切な被せ物や詰物をすれば、健康な歯と同じように咬むことができます。しかし、「根管治療の困難さ」 から感染源を完全に除去することは難かしいため、すでに根管治療をしてある歯でも歯のまわりの違和感が消えなかったり、病巣が治らなかったりする場合があります。そのような場合は、以前詰めた根管充填剤を除去して再度感染根管治療を行ない、 感染を起こしている根管の中の汚染物質を徹底的に除去・清掃をおこないます。