Category: 歯科健康


ホワイトニングで白くなる理由

July 5, 2017

歯科健康

Comments Off on ホワイトニングで白くなる理由


正式なホワイトニングとは過酸化水素を使ったものだけ

米国で開発され世界に広まった歯のホワイトニング技術は厳密に言えばホワイトニング加熱装置によって過酸化水素という薬剤を使って歯の着色を分解して歯を白くすることをいいます。

日本ではこのホワイトニングは薬事法上歯科医院でしか施術が出来ません。つまり歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で処方されたキットを購入し自宅で歯科用開口器などによっておこなうホームホワイトニングだけが漂泊効果を持つホワイトニングということになります。

 ポリリン酸などの薬剤を使ったものは白くならない

エステなど歯科医院以外でおこなういわゆるセルフホワイトニング(歯科医師または歯科衛生士以外が他人の口の中を触るのは違法になるため自分で施術をおこないます)では高濃度の過酸化水素を使用できないため、他の薬剤が使われます。

代表的なのがポリリン酸や重曹です。これらは、歯の表面の着色を除去する作用はありますが、歯そのものを白くする漂泊作用はないため効果は限定的となります。

ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉は白くならない

最近ではホワイトニング歯磨き粉というのが多く販売されています。しかし薬事法上漂泊成分の添加は認められていないため、歯の表面の着色除去を目的としたクリーニング作用しかありません。

各社様々な成分を配合していますが基本的には全て研磨剤です。ものによっては歯の表面のエナメル質や歯茎を傷つける可能性もありますので、使用にあたっては注意が必要です。

歯石取りによって起こった痛い

June 14, 2017

歯科健康

Comments Off on 歯石取りによって起こった痛い


1、歯茎の腫れがひどい

歯石が付いているということは歯磨きが不十分だということです。何もしなくても出血するほど腫れている場合は、歯ブラシを当てただけや歯石を取るための器具が触れただけでも痛みがあります。

2、器具の違い

歯石を長い間ためていた場合は量が多く、硬くこびりついています。歯石を取るためにはハンドスケーラーまたは超音波スケーラーなどの機械を使う場合の大きく2つに分かれます。機械を使う場合、硬い歯石を取るには機械のパワーをあげなくてはならないので痛みにつながりやすいと言えます。

<超音波スケーラーについて>

超音波スケーラーはその振動から出る熱を冷やすために水を出しながら施術しなくてはなりません。この水が露出した歯根部分にあたりしみやすくなります。超音波スケーラーにもいくつか種類があり、痛みにも差が出てきます。ハンドスケーラーの場合は、硬い歯石や量が多い場合は時間がかかり負担が多いと言えます。

3、歯茎が下がっている

強いブラッシングや歯周病などで歯茎がさがって歯根部が露出している場合はちょっとした刺激にも痛みやしみを感じやすくなります。

4、歯周ポケットが深い

歯石は目に見えているところだけではありません。歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の中に奥深く入り込んでいることがあります。この歯周ポケットが深ければ深いほど入り込んだ歯石の量も多くなり、痛みも強くなります。