Category: ハンドピースの紹介


2種類のハンドピース歯科についての紹介

April 22, 2017

ハンドピースの紹介

Comments Off on 2種類のハンドピース歯科についての紹介


歯科用ハンドピースの種類が沢山あります。『エアータービン』『マイクロモーター用ストレート』『マイクロモーター用コントラアングル』とあります。実は大きく分ければエアータービンとマイクロモーターに2種類があります。

エアータービンは歯などを削る回転切削器具の一つです。回転数が30~40万/分あります。エアータービンの利点は切削能力が高く、効率的に歯を削ることができることです。欠点は力がないので押し当てれば止まってしまうことです。

ここにはNSKパナマックス エアータービン (L)をお勧めます。この歯科用タービンは感染防止機構を採用され、口腔内の血液、ウィルス、異物等がタービンヘッド内に侵入することを防ぎます。滑らかなタービンボディーは、臼歯部へのアクセスを高めるだけでなく、汚物の付着を軽減します。2ホールと4ホールをご用意しておりますが、お選べください。

マイクロモーター 歯科用はエアータービンと逆です。回転数は上がらないけど力があるので押し当ててもどんどん削れます。マイクロモーターを利用したものにはよく使われるハンドピースにストレースコントラアングル 歯科、倍速コントラの3タイプあります。

ストレートは真っすぐなので、技工の時に使います。普通のコントラアングルは柔らかくなった虫歯や銀歯の研磨、もっと遅くして歯面を研磨するような用途に使われます。倍速コントラはエアータービンと同じような用途で使われます。

ここにはJinme®増速コントラアングル 内部注水(倍速1:5 LED付き)をお勧めます。この増速コントラはプッシュボタン式、内部注水可能です。5倍速なのでより高い回転数を出力し、迅速に研削実現することができます。Eタイプエアーモータとマイクロモータに適用できます。

今日はハンドピースの種類について簡単に説明しました。ご一読いただけると思います。