ベスト歯科重合器はどのような特性が必要ですか?

9月 18, 2019

歯科機器の選び方

ベスト歯科重合器はどのような特性が必要ですか? はコメントを受け付けていません。


理想的な光重合照射器はどのような特性が必要ですか?

歯科での樹脂修復の使用が増加しているため、光重合照射器は歯科医にとってますます重要になっています。
日常の作業プロセスでは、先生の指示に従って操作しますが、術後過敏、脱落、割れ、虫歯再発が出てきます。様々な問題があなたの仕事を妨げていますか?
その時、あなたの選択した光重合照射器を疑う必要があります。
多くの場合、すべての光重合照射器は光硬化修復材料の硬化条件を満たすことができると誤って想定しています。ただし、そうではないです。ある研究により、37%以上の複合樹脂修復は完全に光硬化していないです。3つの国際的な研究により、33%-48%の光重合照射器の光強度は300mW/ cm2以下です。
光硬化は、修理を成功させるための重要なステップです。バインダーと複合樹脂が不完全な硬化でしたら、材料の重合または変換が不完全になり、次のような多くの不良な臨床結果を引き起こします。
1、接着力の低下ー保持力が下がります
2、歯髄に毒性を生成しますー術後敏感;
3、微小漏れー虫歯再発
4、物理性能を低下させますー摩耗や割れの確率が高くなります。
その中に、再発の虫歯と割れは最も一般的な2つの複合樹脂光硬化の不完全な臨床症状です。



理想的な光重合照射器はどのような特性が必要ですか?
1、十分な光強度(10,000 mW / cm2以上) 。
2、ライトのエネルギーは硬化距離により、急激に減衰しません。それは臼歯の深い空洞が修復している時にとても重要です。臼歯の深い空洞修復材料が固化する時、多くの場合、光重合照射器のチップは修復材料に近づくことができなく、照射できないです。
光重合照射器の光出口からから8 mmの距離で光強度を測定し、多くのLEDライトの光強度は75%以上急激に低下します。
異なるブランドの光重合照射器は光出口から異なる距離での光強度と光強度の分布です。




光重合照射器の特殊な設計、歯のどこにでも届けます。
5、ライトガイドは大きいです(約9一10mm)、臼歯エリアの十分な照明を確保します
6、人間工学に基づいて、操作が快適です。
7、ワイヤレスと有線の2つの充電モード
8、スペクトルは広いです
9、丈夫で耐久性があります

———————–会社情報———————-
Oyodental.jpは、高品質の歯科光重合照射器(ライトチップ とLEDライトメーター)を提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております


入したい方はOyodentalデンタルへお問い合わせください。

メール:Oyodental.jp@gmail.com


公式サイト:

https://www.oyodental.jp/article-1121-理想的な光重合照射器はどのような特性が必要ですか?.html