ハンドピースの洗浄および滅菌に関する正しい理解

9月 11, 2019

歯科機器の選び方

ハンドピースの洗浄および滅菌に関する正しい理解 はコメントを受け付けていません。


1.なぜ滅菌する必要なものは洗浄しなければなりませんか。
WS/T 367-2012《医療機関消毒技術仕様》の項目5.1.1には、「再利用可能な診断用歯科医療機器、器具、物品は使用後に洗浄してから、消毒または滅菌してください」と明記しています。綺麗に洗浄しないなら、歯科ハンドピースのインナーキャビティ、隙間に残した血痕、油汚れなどの汚染物質は高温高圧で滅菌した後、生物膜を形成しやすくて、滅菌失敗を引き起こします。例えば:日常の汚れた服と同じように、きれいに洗浄しなくて、直接に日光の下に暴露して収納すると、梅雨季節の時、多くの霉菌が発生します。


2、歯科ハンドピースの洗浄、メンテナンス、滅菌、ストレージの正しい順序は何ですか。
先着順はデバイスの仕分け、機械または手動の洗浄、ブロードライ、ハンドピース給油メンテナンス、包装、三つのプレバキューム高圧滅菌および真空乾燥、ストレージです。

歯科用ハンドピースの洗浄、消毒、および滅菌に関する正しい理解

3、なぜ歯科用ハンドピースが口腔科消毒作業の難しい部分なのですか?

A.歯科ハンドピースはインナーキャビティのある精密機器に属し、内部には精密で複雑な機械構造が付いています。そして、直径1 mm未満の细長くてアクセスが困難なパイプラインを装備しています。普通の洗浄は効果的に滅菌できないです。 
B.歯科ハンドピースには高温高圧に耐えられない部品があり、損傷しやすいです。


4、綺麗に洗浄していない歯科用ハンドピースは直接にオートクレーブ滅菌できますか?

結果は何ですか?
研究では、綺麗に洗浄しないなら、インナーキャビティは生物膜を形成しやすいです。生物膜から包まれた細菌胞子は134°Cの圧力蒸気環境で完全に滅菌するための必要な時間は150分です。したがって、通常の三つのプレバキューム滅菌器の動作時間(3-4分)で、完全に殺菌することはできなくて、滅菌失敗を引き起こします。後続の患者の感染の可能性を高めます。



5、ハンドピースを超音波洗浄器で洗浄できないのはなぜですか。
ハンドピースの表面または隙間の汚染物質を効果的にクラックすることができます;しかし、超音波洗浄過程中の高周波振動はハンドピースヘッドのベアリングのボールとベアリングの内壁、外壁に高周波衝突を引き起こします。ベアリングの性能に重大な損傷を与えます。すべての大手ハンドピースメーカーは超音波洗浄器で歯科ハンドピースを洗浄することを禁止しています。それと同時に、新たにリリースされたWS506-2016「口腔器具の滅菌および滅菌技術の操作仕様」付録Dも、歯科用ハンドピースを超音波洗浄器 歯科で洗浄することはお勧めしません。


Source:https://www.oyodental.jp/article-1120-歯科用ハンドピースの洗浄、消毒、および滅菌に関する正しい理解.html