日: 2019年7月5日


抜歯か保存できるか?の診査のため

7月 5, 2019

歯科機器の選び方

抜歯か保存できるか?の診査のため はコメントを受け付けていません


抜歯か保存できるか?の診査のため

どのくらい歯の周りの骨が失われているかを調べます。

♦ 歯周病が進行している際の、歯周再生療法が可能かどうかの精査

♦ 難治性の根尖病変や外科的根管治療(根尖切除術・再植)の精査

♦ インプラントの治療計画とシュミレーション

♦ 上顎洞の診査

♦ 過剰歯などが埋伏している場合の精査

『今まで見えなかったものが見える』というのは、マイクロスコープもそうですが、診断の情報量がぐんと増えるので、安心感と自信の度合いが高まります。

もちろん、CTやマイクロがあるからといって、万能ではないし、ましてや、これらは診査のための機器であり、病気を治してくれるわけでもなんでもないので、

術者(私)が、それを見てしっかり診断することと、安全な手術ができるように技術を上げること、が一番大事なのです。。。

https://yaplog.jp/miyoko123/archive/24

https://nooral123.exblog.jp/27671457/

ワイヤー矯正とマウスピース矯正どちらがおすすめ?

7月 5, 2019

歯科機器の選び方

ワイヤー矯正とマウスピース矯正どちらがおすすめ? はコメントを受け付けていません


このように魅力的なマウスピース矯正ですが、歯並びの状態によってはワイヤー矯正のほうが適していることもあります。歯並びの状態があまりよくない方だと、マウスピースよりもワイヤー矯正のほうが治療期間が短くすみますが、仕事の都合などでマウスピース矯正を希望される場合は多少時間がかかってもマウスピース矯正を行うこともあります。

マウスピース矯正は何歳からできる?24時間つけっぱなし?
マウスピース矯正は10代からできます。まだ乳歯がある状態でも治療可能です。また、ほかの歯科矯正装置は自分での取り外しが不可能で24時間つけっぱなしですが、マウスピース矯正は取り外し可能なので1日22時間以上装着していれば取り外しても問題ありません。実際、食事中や歯磨きなどの口腔ケアのときには取り外していただきます。

Oyodental.jpは、高品質の歯科医療用機器(コントラアングル 歯科 低速,タービンハンドピース激安通販)を提供する中国一流のオンラインサプライヤーであり、卸売価格でありながら迅速・効率のあるサービス提供しております。