生体情報モニターについて

December 6, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on 生体情報モニターについて


血圧、脈拍、心電図、血中酸素濃度をはじめとするさまざまな生体情報が従来型よりはるかに快適に、 しかも高精度でモニターすることが可能で、治療中の患者さんの全身状態の変動をより正確かつ迅速に捉えることができるようになりました。

さて、弊店のCOMTEC®歯科.医療用バイタルサインモニタ(生体情報モニタ) CMS6500を紹介します。

COMTEC®歯科.医療用バイタルサインモニタ(生体情報モニタ) CMS6500

TVドラマなどで良く目にする、手術中に心拍グラフや様々な数字が表示されている箱型の器械、これはバイタルサインモニタCMS6500。患者の心電図、血圧、体温、脈拍数などを同時に測定し表示する機器です。外形は精巧で、高機能で、簡単かつ便利な操作で、各級病院、コミュニティ医療や家庭に適合します。

製品特徴
●7 “TFT液晶、タッチスクリーン、LEDバックライト搭載、800×480ピクセル。
●可視および調節可能な可聴周波警報を導いた。
●患者の名前と年齢とIDなど管理システム搭載。
●ネットワークの中心ソフト装置。
●音量の可調節範囲:1〜8
●多言語選択:ドイツ、フランス、イタリア、トルコなど
●取り外し可能、充電式リチウム電池内蔵。
●UIキーパッドとタッチスクリーン両方の操作を持つ。
●記憶装置:メモリやミニSDメモリーカード内蔵。1000以上のデータファイルを記憶可能。
●強力なデータ·ストレージ、管理システム、トレンドグラフ、トレンド·テーブルなど機能がある。
●不整脈解析とS-Tのセグメント分析。

 

弊店では、医療用生体情報モニタの他、歯科矯正用器材などもあります。是非、当サイトへようこそ。