オートクレーブのクラスについて

November 8, 2017

歯科機器の選び方

Comments Off on オートクレーブのクラスについて


クラスN:通常の歯科医院で使用されています。単純な形のミラー、ピンセット等の器具を滅菌できます。
クラスS:滅菌前に1回真空状態を作り、高圧蒸気滅菌します。バキューム管等、少し複雑な形状の器具を滅菌できます。
クラスB:滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる形状の器具を滅菌出来ます。滅菌バッグに包装された器具も滅菌出来ます。

さて、弊店のクラスBオートクレーブーーJY®17L BTS17歯科と医療用高圧蒸気滅菌器オートクレーブ Bグレードを紹介します。

製品説明:
1、国際で承認された先進的な高圧蒸気滅菌技術を採用しています。
2、高輝度LCDスクリーンで、操作しやすく、日付と時間を設定できます。
3、材質は高品質ステンレス鋼です。
4、内蔵式の水質センサで、機器の故障率を明らかに減少させます。
5、サーマルプリンター内蔵、USB接続で遠隔保守できます。
6、「warm-up key」でウォームアップ設定し、滅菌室の温度を70℃ぐらい維持できます。(速く滅菌温度に達し、繰り返す昇温必要がなくなる)
7、滅菌プログラムを設定でき、多種類の物を簡単に消毒滅菌を行います。
8、自動洗浄プログラムで機器自体を洗浄し、塞がる故障を防止できます。

適用範囲:
主は医療手術室、歯科、眼科及び生物医学研究部門で使用される手術器械、歯科器械、医療ガーゼ、ガラス製品、注射器等の耐高圧蒸気物の滅菌など。

弊店では、高圧蒸気滅菌器 歯科用の他、歯科ポータブルユニットなどもあります。是非当サイトへようこそ。