ホワイトニング治療について

July 19, 2017

歯科健康

Comments Off on ホワイトニング治療について


治療した歯が神経が死んでいる場合

神経が死んでいる歯は根の治療が必要になります。また、そのまま放置しておくと歯の色素がなくなり、褐色や灰色のように色が変わっていきます。

よく患者さんに説明するのは

『そのままにしておくとハリセンボンの箕輪はるかの前歯になりますよ。はるかさんももう治療しましたけどね。』

なんてお話しします。

また神経が死んだ歯は色が変わるだけでなくもろくなり、割れやすくなります。

虫歯にもなりやすいため、しっかり神経の治療をしてホワイトニングに合わせた被せ物(差し歯)にすることをお勧めします。

 

治療した歯がレジンで治療している場合

 

前歯の虫歯治療ではプラスチックで埋めるコンポジットレジン治療がよく行われます。

コンポジットレジンは歯科医療機器プラスチックで虫歯の箇所を削り、歯と同程度の色が回復できるものです。

しかしプラスチックゆえに吸水性という大きな欠点があります。

 

治療した歯が既に差し歯の場合

差し歯(被せ物)にホワイトニング装置を用いて、ホワイトニングをしても効果はありません。

それゆえ歯のホワイトニングをすると差し歯の色が浮き出てしまう場合があります。

差し歯がセラミック製の場合は若干透明度があるので数回のホワイトニングでは色ムラは目立たないでしょう。

差し歯がレジン製の場合はセラミックに比べ透明度が少ないので色ムラが出る場合があります。

ホワイトニングにも患者さんによって求めるレベルがあり、真っ白な色を作りたい方、ほんの少し白くしたい方などホワイトニングの回数によって異なります。