歯科用根管治療の流れ

May 25, 2017

最新歯科情報

Comments Off on 歯科用根管治療の流れ


皆さん:

おはようございます。いつもお世話になって、誠にありがとうございます。

根管治療機器歯科用という歯科材料をごぞじですよね。でも、根管治療の流れと言えば、わかる方が歯科に関する人のほかに、少ないと思います。では、今日、このについて、皆さんに紹介したいと思います。

①オープンパルプ:オープンパルプ目的は、齲蝕組織を除去して、歯髄腔をオープンしてから、炎症を起こし又は壊死歯髄を除去しやすいことです。

②死んでパルプを削除:パルプ要件は、痛みの場合に除去する必要があります。必要に応じて、局所麻酔下でパルプを削除します。パルプを残りの残基は、頂端歯の問題が炎症を起こしています。残留パルプ根管治療の存在は、長期治療の結果、トラブルの原因となります。残留パルプ根本原因の炎症ので、制御が困難で、根管が炎症性分泌物を繰り返しました。
③根管の拡張:根管の目標の展開が完全に感染した歯髄と象牙質を除去することです。根管壁が凹凸があるので、簡単に凹部領域に歯髄組織を残りやすいんです。二つのことをすべきことがある:一つのことは、頂端に炎症を予防することであり、もう一つのポイントは、針の先端部に広がるのを防止または頂端よりも拡大することです。

④根管消毒:物理的および化学(医薬品)メソッドを介して、根管内の残留感染を完全に除去します。であれば第3の工程と、根管充填時に紹介の症状の完全な発症を行うことができるまで、消毒した後、パルプ室や根管への薬物は、5〜7日間閉鎖されるべきです。このような紹介として、または根管内の症状、さらにより分泌物がある場合、根管充填は、炎症を避けるために充填した後、再根管消毒する必要はあります。ここで、器具の消毒に使われる高圧蒸気滅菌器を勧めます。

⑤薬シール根管:抜髄法後の根管、洗浄後、展開し、基本的にはきれいな根管腔が、細菌学的な要件は、それが無菌とみなすことはできません。細菌が象牙細管を入力することができますので、それは、滅菌を達成するためには、強い薬をさらに滅菌を使用して消毒する必要があります。

⑥根管充填:滅菌よりも後に到達根管治療、無菌充填目的は、根管が感染していないようにすることですので、だから、充填材、特殊な根管が再感染を防ぐためにの材料絵を使います。

根管治療は、通常の状況下では、長い必要が前歯の場合、20分ごと、またはので、それは事後、毎40分程度、およびそれ以降の手術紹介病院3〜5倍である場合もあります。根管治療時間は、管治療や根管および他の関連する状況と医師技術の関係があります。

ご説明が以上ですが、根管治療といつことに、もっと深く了解しますか。

当サイトでは、いつも、品質がいい歯科機器卸売を提供いたします。

 

続きを見る:

https://www.oyodental.jp/category-1027-b0-%E6%A0%B9%E7%AE%A1%E6%B2%BB%E7%99%82%E5%99%A8%E6%9D%90.html