歯科超音波洗浄機の選び方

March 29, 2017

一般的なトピック

Comments Off on 歯科超音波洗浄機の選び方


業洗浄には、超音波洗浄のほかに噴流洗浄、バブリング洗浄、シャワー洗浄、揺動洗浄、蒸気(べーパー)洗浄などがあります。それぞれの洗浄においてワークの汚れや要求される洗浄の品質により洗浄方法が異なります。

JeKen® 3.2L歯科用超音波クリーナー超音波洗浄器PS-20

超音波洗浄には次のような特長があります。

list1 洗浄品質の均一化
list1 洗浄時間の短縮化
list1 被洗浄物の全体の洗浄ができる(精密部品や複雑形状部品に優位)

超音波洗浄機の機種選定方法
超音波洗浄は汚れの種類に応じて、適切な洗浄液を選定し、超音波の物理的作用と洗浄液の化学的作用を組み合わせて最大限の洗浄効果を上げるようにすることが重要です。

1) 洗浄目的: 脱脂、研磨粉(バフ粉)、切粉(キリコ)、パーティクルの除去など
2) ワーク(被洗浄物)の種類: 材質、寸法(カゴを使用する場合はカゴの寸法)など
3) 形状の選定: セパレート型(発振器と振動子が分かれているタイプ)、卓上型、石英振動体型、流水式

※超音波洗浄機の導入時、どの工程までをシステムとして組み込むのかの決定も重要です。
『洗浄→すすぎ→乾燥』最低でもこの3工程は必要です。

 

詳細を見る:

https://www.oyodental.jp/article-1065-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E6%B4%97%E6%B5%84%E6%A9%9F%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9.html